コースについて

この「タイ料理基本コース」は、タイ料理をより深く基本的な部分から学びたいという方を対象としています。コースは全90時間で、理論科目では、タイ料理の背景にある基礎理論や材料、調理用語などの基本的な知識、盛りつけの基本を、実習科目では、基本となるタイ料理を学習します。料理の作り方を習うだけでは物足りない、タイ料理をもっと基本からきちんと学習したいという方に適したコースです。

【第14期・木曜】

2021年02月25日~2021年10月21日

この日程でお申し込み

200,000円 (材料費・税込)

ご予約の締切日 : 2021年02月08日(月)必着

※コース詳細は、「募集要項」をご覧ください。本HPよりダウンロードも可能です。

コースの目的

1. タイ料理に関わる用語や技術を知る。
2. タイ料理に使われる食材や調味料の状態や味から保管方法までを知る。
3. 調理器具や器を適切に準備することができる。
4. 材料を料理に適した状態に切ることができる。
5. 調理室や調理器具の洗い方や保管方法を知る。
6. 複雑な工程がない料理の調理をすることができる。
7. 基本的な盛りつけができる。

授業内容
1.コース期間
2021年2月25日(木)~2021年10月21日(木)
2.授業時間数
全15回(90時間)
3.授業日程
木曜日(月約2回)11:00~18:00(休憩1時間)
・前半と後半に分けて理論授業と実習授業を行います。時間帯に関しては開講後随時ご説明いたします。
・授業内容によっては終了時間が前後することがございます。予めご了承ください。
授業スケジュール

授業スケジュール
※基本的に上記日程通りに開講する予定ですが、台風などの天候不良や地震などの天災、タイ政府の公務等により日程が変更する場合もございます。
各日の授業内容は「コーススケジュール」をご覧ください。本HPよりダウンロードも可能です。

修了条件

1.出席率が全学習時間の80%(12回/72時間)以上であること
2.修了試験(筆記・実習)に合格すること
・ 理論試験に合格しなければ、実習試験を受けることができない
・ 実習試験が合格点に達しない場合は、再度試験を受けなければならない。
その場合、試験科目の材料費は学習者が負担する
上記2点の条件を満たした受講生には、当センターより修了証書を発行いたします。

補習・中途入学・解約等

補習授業は基本的に行いません。中途入学に関しては直接お問い合せください。
中途解約に関しては入学時にお渡しする別紙の案内に従って手配いたします。なお、一度解約し、その後再度(期間の異なる)同コースの受講及び修了を希望する場合は、原則として、通常同様のコース初回(第1回)からご受講していただくこととなります。詳細はお問い合わせください。

受講料

¥200,000-(税込)
支払方法は下記二通りよりお選びいただけます。開講が正式に決定後、当センター指定日までに、銀行振込またはご来校によりお支払いください。(クレジットカードのお取り扱いはございません)
1.分割3回
初回¥80,000-、2・3回目¥60,000- (すべて税込)
2.一括
※上記の金額には材料費・教材費等、すべての諸経費が含まれます。

応募方法・締切日

1.応募方法
   指定の申込書の全項目にご記入、写真貼付の上、郵送、FAX、メール添付または直接ご来校によりご提出ください。申込書のご提出をもって、本コースへのお申し込みを正式に受理させていただきます。 2.応募締切日
   2021年2月8日(月)必着
3.開講規定人数
   定員は10名様で、応募数6名様以上より開講いたします。
   2021年2月9日(火)に最終的な開講決定をし、順次ご連絡いたします。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

お電話でのお問い合わせ

(下記の番号をタッチしてお電話できます) 03-3634-9993
受付時間 11:00~17:00(月曜/祝日は除く)

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

レッスンお申し込み

他のクラス予定の日程一覧

  • 01月31日(日) 13:00 - 16:00

    ワンプレートタイ料理クラス

    • ルークチン・ガイ・プリックタイダム(タイ風鶏団子)
      ลูกชิ้นไก่พริกไทยดำ

      鶏のむね肉を使った鶏団子を作ります。生地を作る際、黒粒コショウを入れるのも特徴です。こちらの鶏団子は、一緒に作るクアイティアオ(タイの米麺)料理に入れます。
    • クアイティアオ・ルークチン・ガイ・プリックタイダム(鶏団子入りのクアイティアオ)
      ก๋วยเตี๋ยวลูกชิ้นไก่พริกไทยดำ

      タイの一般的な汁麺料理(クアイティアオ・ナムサイ)を作ります。スープは透明(ナムサイ)で、味はまろやか、メインの具には手作りのルークチン(鶏団子)を入れます。その他にも、鶏のむね肉を裂いたものや、キャベツもやしなどの野菜を加えて、お好みの「クアイティアオ」をお楽しみください。

    ルークチン・ガイ・プリックタイダム

    詳細を見る

  • 02月04日(木) 13:00 - 16:00

    ナムプリッククラス

    • ナムプリック・ゲーン・キアオワーン(グリーンカレーペースト)
      น้ำพริกแกงเขียวหวาน

      人気のタイカレーとしておなじみ、グリーンカレーのペーストを作ります。グリーンカレーといってもいろいろな具材を使ったものがありますが、今回は味をつけて焼いた豚肉をメインの具とするので、カレー独特の香りに肉の香ばしさも加わります。一般的なグリーンカレーよりコクがあり、お好みでタイの唐辛子をいくつか加え入れることによって、お好きな辛さのカレーが楽しめます。
    • ゲーン・キアオワーン・ムー・ヤーン(焼き豚入りグリーンカレー)
      แกงเขียวหวานหมูย่าง

    ナムプリック・ゲーン・キアオワーン

    詳細を見る

  • 02月06日(土) 13:00 - 16:30

    こだわりタイ料理クラス

    • カオトム・クルアン・ボーラーン(タイ風おかゆ)
      ข้าวต้มเครื่องโบราณ

      タイ人が朝ごはんとして好んで食べる一品料理です。香り立つパクチーの根、ニンニク、ショウガ、干しエビ、そして豚ひき肉を炒めたものを具材に。スペアリブから取っただし汁で煮たおかゆは、シンプルながらも朝から元気の出るメニューです。
    • サンカヤー・チャータイ + カノムパン・ピン(タイティーカスタードクリーム+トースト)
      สังขยาชาไทย + ขนมปังปิ้ง

      通常タイの街角でよく目にするのはパンダンリーフを使用したグリーンのクリームかと思いますが、今回はパンダンリーフの代わりにタイのお茶を使います。タイティーの香り漂うオレンジ色の、なめらかで甘くコクのあるクリームは、ぜひお好きなパンと一緒にお楽しみください。パンは焼いても焼かなくても、どちらにも合うクリームです。
    • カーフェー・タイ・ボーラーン(タイ式ホットコーヒー)
      กาแฟไทยโบราณ

      タイ独特の香り高いコーヒーのいれ方、そして飲み方をご紹介します。いただく際には、甘味とコクをだすために、コンデンスミルクを入れるのがタイスタイルの特徴です。適度な甘味は朝の活力に!

    カオトム・クルアン・       ボーラーン

    詳細を見る

  • 02月13日(土) 13:00 - 16:30

    タイの地方料理クラス

    • ムー・コ(南タイ風豚バラ肉甘辛煮)
      หมูโค๊ะ

      南タイの人々に好まれているメニューの一つです。やわらかい豚バラ肉の甘辛煮で、カピとハーブの香りが豊かなのが特徴です。
    • ナム・ジュップ・タクライ(レモングラスのディップ)
      น้ำชุบตะไคร้

      南タイの人々によく食されているナム プリック(ディップ)の一つです。このナムプリックにはメインの材料としてタクライ(レモングラス)を使用し、様々なハーブや小魚などとともに混ぜ合わせます。唐辛子も入れるので、辛めではありますが、ほのかな甘味、塩気、酸味もあります。なんといってもタクライの香りが新鮮な南タイディップを、生野菜や半熟卵などといっしょにお楽しみください。

    ムー・コ

    詳細を見る

  • 02月14日(日) 13:00 - 15:00

    定番タイ料理クラス

    卵の入ったまろやかなカレー風味の炒めものです。通常はカニやエビ、シーフードがよく使われますが、代わりに鶏肉を使ってもおいしくできます。特に辛味もないので、タイ料理の中ではどなたでも馴染みやすいメニューの一つです。

    ガイ・パッポンカリー

    詳細を見る

  • 02月21日(日) 13:00 - 15:30

    気まぐれタイ料理クラス

    • トート・プラー・ヘット(昔ながらのタイ風さつま揚げ)
      ทอดปลาเห็ด

      現在ではタイでもほとんど食べることの できない昔ながらのさつま揚げをご紹介します。料理名に「ヘット(きのこ)」とありますが、実はきのこは使われていません。これは、モン・クメール(カンボジア)語で「小さい練りもの」を表す「パロー・ヘット」ということばをタイ中部の人が音だけ採用したようです。小さめの魚を細かく切り、潰して練ったものに、レッドカレーペーストとこぶみかんの葉を刻んだものを混ぜ、平たい円状にして揚げます。甘酸っぱいソースを添えて、カレーやハーブの香りを楽しみながらいただきましょう。

    トート・プラー・ヘット

    詳細を見る

  • 02月27日(土) - 11月20日(土)

    タイ料理中級コース

    【第7期・土曜】

    詳細を見る

  • 02月28日(日) 13:00 - 16:00

    ワンプレートタイ料理クラス

    • パッタイ・トムヤムクン(トムヤムクン味のパッタイ)
      ผัดไทยต้มยำกุ้ง

      すっかりおなじみの人気メニュー、「パッ タイ(タイ風焼きそば)」に、同じく人気の代表的タイスープ「トムヤムクン」の味と 香りを融合させた、一品で2倍楽しめる料理です。トムヤムクンに使うレモングラスやこぶみかんの葉がさわやかに香ります。
    • ウン・ヒンオーン・カティバイトゥーイ(ココナッツミルクとパンダンリーフの大理石ゼリー)
      วุ้นหินอ่อนกะทิใบเตย

      ココナッツミルクとパンダンリーフの汁から作るゼリーです。ココナッツミルクの白い生地にパンダンリーフの緑で「模様」を  入れて作ることから(あくまでもイメージ ですが)「ヒン・オーン(大理石)」ゼリーという名前がついたようです。いただく際 には、2色の模様だけではなく、ココナッツミルクのコクとパンダンリーフの香りの  ハーモニーも楽しめます。

    パッタイ・トムヤムクン

    詳細を見る

タイ教育・文化センター
タイ語教室/タイ料理教室/カービング教室